きりたんのマイラー旅ブログ

旅行記などの記事を中心に、マイレージ、ホテル、ラウンジ情報など

2017ギリシャ旅行【2】〜出発編・上海浦東→イスタンブール〜

上海浦東空港乗り継ぎ

ANAの関西ー上海(NH975)便は、順調に18時前に定刻通り到着しました。

乗り継ぎ便はターキッシュエア、TK27便 23:15発です。

 

残念ながら、上海ではスルーチェックインができませんでした(同一アライアンスであっても、中国で一度入国、荷物の受け取りとチェックイン、手荷物預けの手続きが必要)結局、入国手続きを終えるのに小一時間ほど掛かりました。

 

チェックイン開始時刻

チェックイン開始は出発時刻の2〜3時間前などが相場ですが、4時間前の19:15の開始で助かりました。

f:id:kiritanpotan:20180110224005j:plain

行商のお弁当売り

カウンターオープンまでの待ち時間に、近くのベンチで腰掛けていると、行商のおばちゃんがやって来ました。隣のおじさんが買っていました。

ご飯とおかずのセットで20元(350円ほど)でした。

中国の人たちは冷めたご飯を食べるという習慣がないので、発泡スチロールの容器で温めてあるようです。

f:id:kiritanpotan:20180110224343j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110224355j:plain

チェックイン開始

さて、そうこうしているうちにチェックイン開始時刻です。

ビジネスは4ブースほどあります。エコノミーの人がビジネスの列に割り込もうとしていたのを見つけて、係員が猫でも追い払うかのように、シッシッとやっていました・・・

f:id:kiritanpotan:20180110224729j:plain

ハラールのレストラン

中国にもムスリムは結構いますので、このような回教徒向けレストランもあるのですね。

f:id:kiritanpotan:20180110224815j:plain

入国手続き

さて、こちらも結構な行列ができていました。手荷物検査はかなり厳重で、ベルトなど金属類は全て外しても、ほとんどの人が鳴っていてボディーチェックをされていました。(こちらは優先ブースなしでした)

入国審査ブースは、VIPという上級会員・ビジネスクラス客用のレーンもありますので、そちらは空いています。

中国国際航空ラウンジ

f:id:kiritanpotan:20180110225204j:plainf:id:kiritanpotan:20180110225216j:plain

 

f:id:kiritanpotan:20180110225230j:plainf:id:kiritanpotan:20180110225241j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110225254j:plainf:id:kiritanpotan:20180110225305j:plain

ホットミールコーナー

割とホットミールが充実しています。豪華さはないですが、お味は割といけます。

f:id:kiritanpotan:20180110225316j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110225327j:plainf:id:kiritanpotan:20180110225338j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110225350j:plainf:id:kiritanpotan:20180110225401j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110225412j:plainf:id:kiritanpotan:20180110225423j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110225434j:plainf:id:kiritanpotan:20180110225445j:plain

中国茶

中国茶はウーロン茶や緑茶などもあり、なかなか美味しかった

f:id:kiritanpotan:20180110225455j:plainf:id:kiritanpotan:20180110225514j:plain

シャワーエリア

シャワーエリアは2回の受付カウンターで搭乗券とシャワーブースの鍵を交換して利用します。

f:id:kiritanpotan:20180110225527j:plain

マッサージチェア

こちらの機械、中国製ですが、かなり圧が強いというか、痛いくらい強さです。日本では安全上の理由で販売できなさそうなレベルでした・・・

f:id:kiritanpotan:20180110225538j:plain

搭乗開始

ターキッシュエアです。機体後方のイラストは、意外と知られていないトルコ原産のチューリップです。チューリップといえばオランダというイメージを持つ人が多いですが、実はトルコ原産なんですね。

f:id:kiritanpotan:20180110225549j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110230736j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110230509j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110230527j:plain

オットマン

オットマンの下は荷物の収納が可能で大変便利でした。プライバシーの面で、もっと大きな個室感のあるパーティションで仕切られていた方が良いかなぁと思いますが、広々なので文句なしです。

f:id:kiritanpotan:20180110230540j:plain

ウェルカムドリンク

以前、エコノミーで非常に無愛想に「レモネードはありません」と言われたターキッシュエアですが、今回はビジネスなので快くいただけます。大のお気に入り、ミント入りのレモネードです。

f:id:kiritanpotan:20180110230645j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110230552j:plain

メニュー

メニューが配られました。ターキッシュエアは、かなりメニューが豊富で色んな物を選ぶことができます。正直過剰サービスだと思いますが・・・

朝ごはんに起こして欲しい人は、オーダーシートにチェックを入れて渡しておくというスタイルです。オーダーシートって作業が大変だろうなぁと思います・・・

f:id:kiritanpotan:20180110230556j:plain

朝食の注文シートに記入して、フライングシェフに渡します

f:id:kiritanpotan:20180110230609j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110230626j:plain

フライングシェフ

ターキッシュエアの特徴といえば、こちらのフライングシェフです。キャビンアテンダントとは別に、ミールの準備などを専属で行うシェフが乗務しています。そういったこともあり、オーダー式のミールをとったり、メニューが豊富になっています。

f:id:kiritanpotan:20180110230700j:plain

ですが正直なところ、そこまで豊富なメニューが必要かと言われれば、過剰サービスだと思いますが・・・ちなみに、離陸前に注文シートを回収にきました。

アメニティポーチとノイズキャンセルヘッドホン

SpecialなDENON製のノイズキャンセリングヘッドホン(CAさん曰く)

アメニティポーチがきました。ちなみに、ヘッドホンは渡した人と、回収時に中身のチェックがあり、全てチェックシートに記入していました。持って帰る人がいるのでしょう・・・

f:id:kiritanpotan:20180110230747j:plain

アメニティポーチ

LEDの演出で赤色で変な感じですが・・・ポーチはベントレーです。

f:id:kiritanpotan:20180110230825j:plain

タキシング中

滑走路へのタキシング中です、LEDライトが色んな色にコロコロと変化します。これって必要なサービスでしょうかね・・・

LEDだからできる演出なのでしょうが、レインボーカラーにする意味がわかりません。

f:id:kiritanpotan:20180110230759j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110230811j:plain

 

f:id:kiritanpotan:20180110230607j:plain

機内エンタテイメント

小さなゲーム機のようなリモコンと、大きなシートテレビがあります。パナソニックアビオニクス社のシステムで、日本語も表示可能です。このゲーム機のようなリモコンにフライトマップ、前の画面は映画というような設定も可能です。

ビジネスクラスはwi-fiが無料です!

なんと太っ腹なんでしょう、ビジネスクラスはwi-fiの設定をしてブラウザからシート番号と名前を入力するとインターネットがフライト中終始データ量無制限・無料で使うことが可能です。これが使えることで、機内では全く退屈せずにすみました。もちろん、ユニバーサルなシート電源・USBポートもありますよ。

エコノミーでも、12時間12ユーロか15ユーロかで使うことも可能です。

f:id:kiritanpotan:20180110230620j:plain

 

f:id:kiritanpotan:20180110230632j:plain

ドリンクメニュー

ドリンクはかなり豊富に用意されています。作る方は大変だろうなぁと思いつつ・・・

f:id:kiritanpotan:20180110230638j:plain

 

f:id:kiritanpotan:20180110230705j:plain

ラバトリー

かなり広い目です。アメニティは、インターコンチネンタルなどでも採用されているイギリスのブランド、Molton Brownです。なかなか良い香りです。

f:id:kiritanpotan:20180110230711j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110230722j:plain

ドリンクサービス

シャンパンやワインなど、豊富にお酒はあるのですが、飲めないもので・・・

再びレモネードをいただきました。

f:id:kiritanpotan:20180110230717j:plain

ナッツ類は、ピスタチオやヘーゼルナッツなども入っていて、美味しかった。

f:id:kiritanpotan:20180110230730j:plain

前菜類

LEDのものになりますが、キャンドルの演出が素敵ですね。見た目は良いのですが、味はまぁまぁかなぁという程度でした。

 

f:id:kiritanpotan:20180110230742j:plain

機内でスープが飲めるのは嬉しい、でも・・・

パンプキンスープは、濃くてパン乗せすぎですね。

f:id:kiritanpotan:20180110234229j:plain

パンは温めてあって美味しかった。

f:id:kiritanpotan:20180110234322j:plain

メインディッシュ

ビーフステーキです。表面が少しパサついていたのと、かなり火が通っていてウェルダンぽかったのが残念・・・

f:id:kiritanpotan:20180110233448j:plain

デザートカート

ご覧のように、おしゃれなカートに乗せてやってきます。

f:id:kiritanpotan:20180110233615j:plain

フルーツとティラミス

残念なお味で残しちゃいました・・・

フルーツは熟れておらず、硬い感じ。ティラミスは、硬い目のババロアのような感じで、クリーミーさがなく見た目だけですね、残念でした。

f:id:kiritanpotan:20180110233643j:plain

f:id:kiritanpotan:20180110233656j:plain

夕食をいただいて、ベッドにしたら3〜4時間ほど熟睡しておりました。

いや〜、フルフラットシートは寝るには最高ですね。

気づけばもう黒海とカスピ海の間位を飛んでいます。

f:id:kiritanpotan:20180110234633j:plain

朝食

そうこうしているうちに、注文していた朝食がやってきました。ピンク色のは、いちごのドリンクヨーグルト。パンにもかぼちゃの種などが乗っていて、香ばしくて美味しかったです。蜂蜜とバターもかなり美味しかったです。

f:id:kiritanpotan:20180110234817j:plain

朝食のメインディッシュ

実は、朝食は上だけではありません。この他にメインディッシュがきます。他にオムレツなども選べたのですが、今回は中華風の汁なし牛肉麺にしました。ビーフが少し硬い目だったのが残念。というか、お腹いっぱいで食べきれませんでした。

f:id:kiritanpotan:20180110234937j:plain

コーラン

コーランチャンネルもあり、ムスリムの人たちは機内でもお祈りをすることができます。ただ、その場合どこの時間を基準にするのでしょうかね?

フライトマップには、Kiblatと呼ばれるメッカの方向を指し示す矢印も出すことができます。

f:id:kiritanpotan:20180110235137j:plain

イスタンブール到着

早朝の5時過ぎです。

f:id:kiritanpotan:20180110235152j:plain