きりたんのマイラー旅ブログ

旅行記などの記事を中心に、マイレージ、ホテル、ラウンジ情報など

海外でもスマホが使える!旅行者必見、海外用SIMカード事情の全て

f:id:kiritanpotan:20170726153925p:plain

2017.7.26投稿
2017.7.30更新

近年、総務省の指導によりスマートフォンなどのSIMフリー端末が比較的楽に入手できるようになりました。スマートフォン・タブレットなどを海外に持って行って使う人も多いのではないでしょうか。海外でスマートフォンが使えることにより、地図やナビ機能を使えたり、翻訳ソフトを活用するなどして、旅行の自由度が飛躍的にアップします。というわけで、今回は海外でのSIMカード事情について調べてみました。

※なお、この記事を参考にしていただけるのはSIMフリーの端末を持っている人、あるいは端末のSIMロック解除ができる人に限ります。3大キャリア(docomo・Softbank・au)で例えばiPhoneなどを契約された人は、まずSIMロック解除の手続きをしてからでないと使えません。

海外での通信手段と、旅先で使える便利なアプリ・サービス

みなさん、海外に行った時にスマホでどのようなアプリを活用されてますか?

だいたい日本と同じで、Google mapLINE、iPhoneであればFace TimeiMessageなども使えますよね。不慣れな土地で、大活躍するのはGoogle mapやUBERなど地図・ナビ系アプリです。海外で便利にスマホの機能を使いたい場合、通信手段を確保しなければなりません。可能性のある手段は・・・

  1. 海外キャリアのSIMカードを購入する
  2. モバイルルーターをレンタルする
  3. 日本のキャリアのローミングサービスを使う
  4. 現地の無料・有料wi-fiを利用する

3番は、非常に高額です。急ぎの人やどうしても時間がない人以外は、それ以外の選択肢を選ぶのが賢明です。4番は、街中などwi-fiの使えない場所で通信手段が確保できないため、地図ナビとしての便利な機能が使えません。というわけで、1番か2番になります。まずは、1番についてみていきましょう。

海外SIM事情

近年では、海外旅行者や短期滞在者向けの格安のプリペイドSIMカードなどが使えます。たいていの人は、海外の空港に到着した際にSIMカードを買い求めますよね。そんな便利なSIMカードについて、海外で調達する場合と、日本で調達して持って行く場合について、備忘録も兼ねて調べてみました。

海外で調達

韓国

  • EG(1GB/無料通話20分/有効30日/4G/nano SIM)35,000KRW=3,500円
  • KTmobile(1GB/有効30日/4G)34,900KRW=3,490円
    (500MB/有効7日/4G)20,000KRW=2,000円
  • 高すぎるので、現地調達は不向きです(日本で調達する方が安価なものがあります)

中国

  • China Unicom(3GB/無料国内通話500分/有効3ヶ月/4G)200RMB= 3,300円
    データ専用(6GB/有効6ヶ月/4G)300RMB=5,000円
    (1GB/無料通話国際100元/3ヶ月/4G) 300RMB=5,000円
  • 高すぎるので、現地調達は不向きです(日本で調達する方が安価なものがあります)

特殊な事情 中国

中国、本国の話になります。香港・マカオ・台湾ではこのような規制はありませんが、中国では、政治的な理由により使えないサービスがいっぱいあります。

中国で使えないサービス

  • Google
  • Google map
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube

中国の人たちはどうしているの?

中国の人たちは、仕方がないので世界中の人が活用している便利なアプリと同等の機能を持つ中国独自のアプリを使っています。それでもオリジナルのアプリを使いたい人たちは、無料/有料のVPNを使って規制を回避して使っています。

香港

  • CSL Discover Hong Kong Tourist SIM
    (1.5GB/有効5日/4G)88HKD=1,200円
    (5GB/有効8日/4G)118HKD=1,700円
  • 香港空港で購入もできて便利ですが、通信キャリアやプラン、割引のカードなどがありすぎて、ベストを探すのは難しいですね。CSL、中国移動香港、チャイナユニコム香港、3香港など。渡航まで日数がある場合は、Amazonなどで購入しても良いかもしれません。

台湾

  • 中華電信(Chunghwa Telecom)
    (通信無制限/有効3日/4G)300TWD=1,100円
    (通信無制限/有効5日/4G)500TWD=1,800円
    (通信無制限/有効10日/4G)1,000TWD=3,700円
  • 台湾大哥大(Taiwan Mobile)
    (通信無制限/無料通話100TWD/有効3日/4G)300TWD=1,100円
    (通信無制限/無料通話50TWD/有効5日/4G)300TWD=1,100円
  • 台湾の場合、空港でSIMを買っても格安で安心です。概ねどのキャリアも同じような料金プランを出しています。開通までの設定も、全て親切にやってくれますので、短期滞在ならば空港の店舗で買っても良いと思います。ただ、クレジットカードは不可の場合が多く、現金の用意が面倒な場合や深夜到着の場合は、日本での調達がオススメです。

タイ

  • AIS
    (2.5GB/無料通話100バーツ/有効7日/4G)299THB=1,000円)
    2.5GB/無料通話100バーツ/有効10日/4G)499THB=1,600円)
    (4.5GB/無料通話50バーツ/有効30日/4G)549THB=1,800円)
  • TRUE
    (1GB/無料通話50バーツ/有効3日/4G)200THB=700円)
    (1.5GB/無料通話100バーツ/有効7日/4G)299THB=1,000円)
    (2.5GB/無料通話50バーツ/有効10日/4G)450THB=1,500円)
  • Dtac
    (1.5GB/無料通話100バーツ/有効7日/4G)299THB=1,000円)
    (3GB/無料通話85バーツ/有効10日/4G)549THB=1,800円)
    (4.5GB/無料通話85バーツ/有効30日/4G)549THB=1,800円)
  • タイも空港にSIMカードを売っている場所があり、比較的安いのでお求めやすいと思います。ただ、Amazonで日本で買って行った方が安い場合も・・・

マレーシア

  • maxisのHOTLINK
    (2GB/無料通話15分/有効7日/4G)40RM=1,000円
    (5GB/無料通話100分/有効30日/4G)60RM=1,500円
    (7GB/無料通話100分/有効30日/4G)80RM=2,000円
  • Digi
    (7GB/無料通話35分/有効7日/4G)40RM=1,000円
    (8.5GB/無料通話35分/有効30日/4G)50RM=1,300円
  • CelcomのXPAX
    (TURBOスターターパック7日有効、10RM=300円。自分でトップアップしたり設定する必要があるようです・・・)
  • マレーシアも、比較的安価ですので、空港で調達してしまっても全然問題ないでしょう。

インドネシア

  • TelekomselのsimPATI
    (2GB/データのみ/4G)125,000IDR=1,000円
  • この国でも、定価はあってないようなものです。小さな露天や観光地では、ボッタクリ価格が日常茶飯事ですので、十分に注意してください。

シンガポール

  • Singtel hi!Tourist
    (2GB/市内通話500分無料/有効5日/4G)15SGD=1,200円 売切れの場合が多い
    (7GB/市内通話無制限/有効10日/4G)30SGD=2,400円
  • StarHub
    データ専用(1日2GB/有効5日/4G)18SGD=1,500円
  • 実際にはもっとお手頃な価格のSIMカードもあるようですが、空港では取り扱いがなかったり売切れたりしている模様(わざと談合して安いものは置いてないんじゃないかって思うけど・・・)

EU圏

  • 以前、ヨーロッパ周遊をした際は、現地でSIMカードを調達しました。やはり先進国なだけあって、フランスではOrange(日本でいうdocomo)で1日千円近くかかった記憶です。ですので、EU圏に行かれる際は、日本での事前調達がオススメです。

こんな悪徳業者には絶対に気をつけろ!

海外でSIMカードを調達する場合、空港などではあまり問題はありませんが、私自身が遭遇してしまったトラブルについて記しておきます。みなさんも、トラブルに巻き込まれないためにも事前に手口を知っておいてください。ただ、この記事を最後までお読みいただいた方は、おそらく日本でSIMを調達されると思いますので大丈夫だと思いますが・・・

上海・豫園の中にある某ケータイショップで詐欺に遭いそうになった出来事・・・

f:id:kiritanpotan:20170726123146j:plain

この女(詐欺師)が持っているプラカードにはSIM Cardと書かれています。(この店では英語が通じました。)そして、そこには26元1GBと書かれています。26元と言うと、500円弱、まぁ安いかなと思ってほしいと言うと、パスポートのIDページを開いて持って自分の顔のすぐ下のところに持てと言います。 ここで怪しいと思わねばなりませんでした・・・

で、店員のスマホでパシャっと撮影されます。 そして、SIMカードを入れて設定すると、480元だと態度が急変。SIMカードには200元分のお金が入っているとのたまいます。480元と言うと、8千円です。じゃあ26元は何なの?って聞くと、月々の基本料とのたまいます。明らかに詐欺です。

そして、奥に金髪の女(詐欺師のグル)が居ますが、コイツが持ってる料金表にも同じ料金が載っているのですが、よーく見るとその右下に480という1cm程度のシールが張ってあり、自分が持っていたものをそれとすり替えます。

ここで、押し問答があり、480元なんて聞いてないと言うと、「最初に言ったじゃない、(1cm程度のシールを指差して)ここに書いてある」的なことを言い始め、腕をおもいっきり掴んで大声でまくしたてられました。(あとで腕を見るとアザができていました。)かなりカチンと来て、もう良いと言いSIMカードを取り出して机において去ろうとしても、「パスポートの写真はこっちのもの」みたいなことを言ってきたため、もう埒が開かないと思いそのまま「警察呼ぶぞ」と言って立ち去ってきました。 本当に気分の悪い思いをしましたので、旅行者の方は十分にご注意をください。

日本で調達

海外調達だと、言葉も不慣れで不安だったり、ショップの開いている時間の問題、そして上で書いたようなトラブルなどを考慮すれば、日本で調達しておいた方が安心で楽です。さらに、数カ国周遊するような場合、それぞれの国で調達するよりも日本で調達して行った方がお得な場合も多々あります。楽天やアマゾンで、海外 SIMで検索すればわんさと出てくるわけですが、詳しくもないし面倒だなという人のために、いくつか調べたもので、なおかつ自分が使っても良いなと思えるコスパの高い商品のみピックアップして紹介しておきます。(商品画像をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます。アフィリエイトが嫌な方は、クリックせずご自身で検索してくださいね。)

アジアで使うなら

AIS SIM2Fly(1,400円)14ヶ国(16ヶ国)利用可能/8日間 4G・3G/3GB

  1. 日本
  2. 韓国
  3. 台湾
  4. シンガポール
  5. オーストラリア
  6. インド
  7. ラオス
  8. 香港
  9. マレーシア
  10. マカオ
  11. フィリピン
  12. カンボジア
  13. ミャンマー
  14. ネパール
  15. インドネシア(NEW)
  16. カタール(NEW)

 これはアジア最強でしょうね。アジアを周遊するならこれか、下のTrue TRAVEL Asiaでしょう。仮に行く場所が1カ国でも、このSIMだけで十分元が取れます。AISはタイの通信最大手の会社です。中国本国、インドネシア※は非対応なので、この2カ国に行かれる方は下のTrue Travel Asiaをご検討ください。 

※うきたんさん(id:koyukizou)から情報をいただきました、AIS公式サイトの情報(http://www.ais.co.th/roaming/sim2fly/en/)としてインドネシアでも使えるとのことでした。情報ありがとうございます。

f:id:kiritanpotan:20170730090128p:plain

True Travel ASIA(1,400円)14ヶ国利用可/4GB/8日

  1. 韓国
  2. 香港
  3. 中国
  4. 台湾
  5. 日本
  6. シンガポール
  7. インドネシア
  8. カンボジア
  9. マレーシア
  10. ミャンマー
  11. マカオ
  12. フィリピン
  13. カタール
  14. 中国

こちらもアジア最強です。こちらのtruemoveもタイの通信会社で、中国本国とインドネシアも利用可能です。  

ヨーロッパ・アメリカを含む世界中で使うなら

AIS SIM2Fly(3,600円)ヨーロッパ+アジア62ヶ国周遊 プリペイドSIM/15日/4G・3G/4GB

【ヨーロッパ】 アイルランド イギリス イタリア オーランド諸島 オーストリア オランダ ギリシャ スイス スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島 スウェーデン スペイン チェコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ベルギー ポルトガル ロシア デンマーク セルビア

【アジア】 インド 韓国 カンボジア シンガポール 台湾 日本 ネパール フィリピン 香港 マカオ マレーシア ミャンマー ラオス

【オセアニア】 オーストラリア ニュージーランド

【アメリカ】 アメリカ(サイパン・グアムは除く) カナダ

【中東】 UAEアラブ首長国連邦 オマーン カタール トルコ

【アフリカ】 南アフリカ共和国

ヨーロッパは、現地でSIMを調達すると結構な高額になる場合が多く、1ヶ国で2千円ほどかかることもザラです。ヨーロッパ周遊に行かれる場合など、重宝すること間違いなしです。どこか経由便で行く場合でも使えますよね。

Three データ通信プリペイドSIM(2,020円) 42ヶ国/30日間/イギリス以外は4G通信対象外/1GB

イギリスは4G/3G、それ以外の国では3G/2G

1GBプランでSIM挿入時から最大30日間有効

【ヨーロッパ】フランス、ドイツ、スイス、イタリア、スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、オーストリア、デンマーク、チェコ、アイスランド、アイルランド、ポーランド、ハンガリー、エストニア、リトアニア、ラトビア、イスラエル

【アジア】香港、マカオ、インドネシア

【オセアニア】 オーストラリア、ニュージーランド

【アメリカ】アメリカ(グアム・サイパンは対象外)

コスパは最高、ただイギリス以外の国では3G通信になってしまうところがネックです。ただし、ヨーロッパを長期間行くのにはすごく安いですね。

Three データ通信プリペイドSIM(2,870円) 42ヶ国/90日間/イギリス以外は4G通信対象外/3GB

上のと、90日使える/3GBまでという以外条件は一緒です。こちらもコスパ最高

世界中・ずっと使える

airbaltic Card Mobile(999円・チャージ式) 225ヶ国/1GB=15ユーロ〜 プラン色々あり/最終利用から700日可

月額基本料金なしで、使うときに使用したい国に対応したプランをチャージして使えるようです。最終の利用から700日使えますので、これ1枚をずーっと使うこともできますね。

【1GB, 15ユーロ, 30日間】

アメリカ、イギリス、香港、中国、シンガポール、タイ、マレーシア、フランス、ドイツ、スイス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、メキシコ、ロシア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、コスタリカ、チリ、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フェロー諸島、フィンランド、グリーンランド、グアテマラ、ホンジュラス、ハンガリー、アイスランド、イスラエル、アイルランド、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ニカラグア、ノルウェー、パラグアイ、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スウェーデン、ウルグアイ

【5GB, 25ユーロ, 30日間】

中国、インド、ロシア、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、イスラエル、エストニア、ラトビア、リトアニア

【500MB, 35ユーロ, 30日間】

アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、タイ、マレーシア、インド、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、スペイン、ポルトガル、オーストリア、アンギラ、アンティグアバーブーダ、アルゼンチン、アルメニア、アルバ、アゼルバイジャン、バルバドス、ベラルーシ、ベルギー、バミューダ、ブラジル、英領バージン諸島、ブルガリア、ケイマン諸島、チリ、コロンビア、コスタリカ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ドミニカ、エジプト、エストニア、エルサルバドル、フェロー諸島、フィンランド、グルジア、グレナダ、ジブラルタル、ギリシャ、グリーンランド、グアテマラ、ホンジュラス、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、ジャマイカ、日本、カザフスタン、クウェート、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、マケドニア、メキシコ、モンテネグロ、オランダ、ニカラグア、ナイジェリア、ノルウェー、パナマ、パラグアイ、ペルー、ポーランド、他

実はこのSIM最強なんじゃないの?

http://airbalticcard.com/information/mobile-web/

こちらの公式ページで見つけた料金プランで、これ、実は最強かも!?と思えるプランがありました。Data Package No.48というプランで、EU圏内の国でしか使えませんが1€単位でチャージができると言うものです。

0.015€/MBということは、15€=1GB(1000MB)と同じ条件です。本来なら66.7MB/€と記載してほしいところですが、表記の分母と分子が入れ替わっているため少々わかりにくく感じます。何が最強かと言うと、有効期限が365日でチャージも1€単位ということです。ヨーロッパに出張がある人や長期の旅行者など、無駄がなくて非常に便利ではないでしょうか。365日過ぎても、700日は有効なので次回また使えますし、月々の固定費も不要です。

f:id:kiritanpotan:20170727095739p:plain

こちらのSIM、次ヨーロッパに行く機会があれば絶対に買おうと思っています。あまり、レビューなどで日本語の記事を検索でも見つけられませんでしたので、もし使った経験のある方いらっしゃいましたら教えてください。ただ、SIMカードを購入したら、自分でコードを入力してトップアップ(料金追加)をしてプランの登録までしないといけないというのがネックかなと思います。

モバイルルーター

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

メリット

  • SIMフリーの端末が無い人
  • wi-fi通信しか使えないタブレットをお持ちの方
  • 数人でまとめて使ってコストセーブしたい方
  • スマホ・タブレット・PCなど、3台以上の端末を使いたい場合

デメリット

  • 荷物が増えて不便
  • バッテリーの持ち時間が十分では無い
  • ルーターを日本で受け取り、返却する手間がある
  • しばらく使っていない時間があると、スリープモードになり、なかなか接続できなくてイライラする時がある
  • wi-fi接続なので、スマホのGPS位置情報が不正確な場合が多い

まとめ

海外に行く場合、日本のケータイキャリアのローミングを使うと非常に高額になりますが、プリペイドSIMカードを用意することで非常に安価ですみます。

海外で直接購入するのが安い場合もありますが、短期滞在者にはハードルが高かったりするので、今は日本で調達して持って行っても安いものがたくさんあります。現地での手間やトラブルなどを避けるためにも、貴重な旅行中の時間を節約するためにも日本で準備して行く方が楽だし良いかもしれませんね。

最後に・・・

SIMカード、普段使っている時に抜き差しすることって、まずないですよね。ケータイショップで契約時に店員さんが入れて以来、一度たりとも取り出したことも、どこにあるのかも知らない人も居るかもしれません。というわけで・・・

取り出した日本のキャリアのSIMカード、絶対に無くさないでください!

キャリアにより異なりますが、再発行手数料と面倒な手続きに時間がかかる上、万一そのSIMを不正利用された場合、天井無しの金額を使えてしまうという恐ろしいものです。私は、オススメグッズの記事でも以前紹介した、トラベルオーガナイザーのジッパーで閉められるところに入れると決めていますので、皆さんもご参考になさってください。

www.kiritan-travel.com

クリップもお忘れなく

f:id:kiritanpotan:20170727103118j:plain私は上で紹介したトラベルオーガナイザーのキーホルダー部分にSIMピンをいつも付けているのですが、クリップでも十分事足ります。SIMカードを取り出す際に、これがないと絶対に開きません。シャーペンやボールペンを使ったところで、無理です。